編集の求人探しに役立つ【編集仕事のお悩み解決所】

読書

編集者としての働き方

本

編集の仕事に就くためには、いくつか方法があります。
まず1つ目が、出版社で働くという方法です。
大手の出版社の場合には、編集の仕事を希望する多くの人が求人に応募します。
そのなかから、有名大学の出身者が選ばれる傾向にあるでしょう。
ただ、有名大学の出身ではないからといって諦めてはいけません。
パソコンに詳しい、ファッション関係に詳しいなど、何か得意分野があれば採用される確率はアップします。

編集の仕事に就く2つ目の方法は、編集プロダクションへ就職することです。
編集プロダクションでは、出版社からお願いされた仕事をこなしていきます。
こちらでも、求人に応募して採用されやすいのが得意分野や専門知識を持っている人です。
ただ、編集プロダクションの仕事は忙しく、初めてそういった分野で仕事をする人にとって、ついていけないと悩んでしまうこともあるでしょう。
そのような人は、アルバイトとして編集プロダクションで働くのがおすすめです。
アルバイトでは、本格的な仕事とまではいきませんが、コピーや文書作成など編集に関わる簡単な仕事から任せてくれます。
どのような仕事なのかを詳しく知るために、アルバイトから始めてみるのは最適な方法と言えるでしょう。

出版社や編集プロダクション以外には、フリーランスとして働く方法があります。
この方法は、編集の仕事に携わって経験を積んだ人が行うのが一般的でしょう。
というのも、フリーランスは案件を得るのが難しいからです。
出版社や編集プロダクションで働くと、そこで知り合った人から仕事を紹介してもらえますので、仕事がないという状況を何とか免れることができます。
初めてこの業界で仕事をする人は、フリーランス以外で求人を探して勤めるのがおすすめです。